犬と赤ちゃん

とにかく犬が好き! 犬がいればニッコニコ!   犬と赤ちゃんがいる暮らしをテーマに新米ママの子育て奮闘日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アース

予告をTVで見たときから、ずーと見たかった。

”アース”

うららんを連れていってもいいものなのか?
迷ったけど、ゆっくり、見たいし、大人の時間が
あってもいいよねー

映像もナレーション(渡辺謙)もすごくよかった!
速いものは、スローで(チーターが獲物を追う)
スローなのは、速く(植物の成長、季節の移り変わり)
そして、美しい!! 地球ってこんなに美しかったっけ?

織田祐二じゃないけど、”地球に生まれてよかった!”
と思える。 生き物も静物も生き生きして、命の大切さと
生きるための過酷さを教えてくれてる。

私の率直な感想は、”人間、楽してるなあ”だった。
私達が、楽してる分、他の生命たちが、壁になってくれてる
んだと実感した。

1番印象に残ったのは、子育てをする母親。
うららんがやってきてから、母のモードで
物事を考えるようになった。

何ヶ月も母は、飲まず食わず
なのに、子供に乳をあたえる姿・・・。体重は、
半分に激減しても、子供達を守っている姿は、
涙が出そうになった。

”母って、なんて偉大なんだろう!”命を削って
産み育てる。子孫を絶やさない為の本能なんだろうけど
凄く美しいと感じた。

一生のうちで、育児ほど美しくて重要な仕事は、ないんじゃ
ないかなって思った。 

うららんがもう少し大きくなったら、一緒に見たいなと思う。
彼女がどう選択するかは、わからないけど、もしかしたら
ママになるかもしれない。そう思うとなんだか嬉しくなる。

自然界では、たいがいの動物は、♀が育児をする。♂が協力
する動物は、まれなんじゃないかなあ・・・・。
パパと出会って、結婚して、うららんの出現までに約10年。2人で
楽しんできた。恋愛期間は、凄く楽しかったし、結婚してからも2人
であちこち行ったり、映画も沢山見た。大事な時間をこの人と共にする
んやって思いが強くあった。
今もその思いは、変らないんやけど、うららんという、小さいのに
やたら存在感のあるやつがやってきた。母親は、当然、その小さな
方に手をとられる。しかも、ものすごーーーーーく愛しい。”この子のため
なら、なんでも出来る!”一切の見返りを期待しない無償の愛情をそそいでいる。
伴侶には、何かを期待してしまう。その違いが彼にも伝わるし、自分自身でもヒシヒシ
と感じる。 変わり身のはやさは、自分でも驚くほど!

前置きがやたら長くなったけど・・・・。結論は、育児を♂が手伝わないって、実は、理にかなってるんじゃないだろうか?人間も太陽や月に支配されてる動物で、自然界の動物達と同じ。
母性本能の凄さは、子孫繁栄に直結している。♀が育児専念できるよう、♂の世話までできないことを察知して、♀の元を離れていくのではないかな・・・・。本来、♀より甘えんぼで、どこかで、母を求めている♂が側にいたら、育児しにくい。だから、愛情を分け合える期間♀の
側にいて、役目が終わると潔く去る。 美しく考えすぎやろか?

そうそう、天然のパパが面白いことを言っていた・・・・。

ポーラベアーが、空腹で、最後の力を振りしぼって、
セイウチを狩ろうとしていた時。

セイウチの集団がいて、皆、自分の子供を守ろうと必死で
自分の内側へ子供を隠した。
白熊に襲われながらも、母達は、しっかり子供をガード。

沢山いるセイウチ達は、するどい牙があるものの、熊に
あえて、襲い掛かったり、襲われてるセイウチを助けたりしない。

それを見て、私(ママ)は、自然の厳しいルールで、
自分の家族は、自分で守る!そうしないと、今度は、熊
が食べていけなくなる。厳しいけれど、これが調和なんや
と思った。

一方(天然)のパパは・・・。
”隣の奥さん、何で助けたらんのやろなあ・・・。
キバで、ちょんって、ツイたったらええのに”

面白いぞ!目の付け所は、一緒やのに、
こんなに、考え方が違うのか・・・。
しかも、セイウチの群れを、隣の奥さんって・・・。

飽きないわ!面白いやっちゃ!さすが、うららんのパパ!
しっかり、うららんにもそのDNAは、受け継がれているわ!!

考えさせられる、美しい映画だったのに、
パパと議論できるかなって思ってたのに、
全部ひっくりかえっちゃった。

ILOVE 天然 親子(パパ&うららん)
が、”アース”の感想になっちゃった。

去年、こんな時間あったの?ってビックリするんやけど、
うららんにと、ミニミニおひな様を作っていた。
今年も、出したよ!うららんの成長記録と一緒に
020.jpg

021_20080210161251.jpg
019.jpg

毎年、大きくなったと感じつつ、お雛様を出すんやろね。それは、楽しみやなー!
そして、年を重ねていくのかなあ! 

時間の流れや次世代につなぐことの大切さを思うとき、
私の祖先達の偉大さを感じずには、いられない。

うららん(てまり)帰ってきてくれて、ありがとう。

私をこの世に存在させてくれた、父母、遠い祖先に感謝をこめて・・・。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/09(土) 21:21:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パパヘのプレゼント | ホーム | うららんと一緒にお買い物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitakueoyasinn.blog69.fc2.com/tb.php/415-01e0ebd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うららハハ

Author:うららハハ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。